泌尿器科医募集ナビ

泌尿器科へ医師として転職するなら

当サイトは泌尿器科への転職をお考えの医師の先生に向けた、泌尿器科の転職事情をまとめています。予備知識を踏まえた上で転職サイトに登録すればスムーズに転職活動を始められます。

リクルートドクターズキャリアであれば泌尿器科はもちろんさまざまな医師の求人を保有しています。登録からサポート終了まで一切の費用がかからないのもオススメの理由です。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
求人数の多さは業界トップクラス。とにかくすぐに泌尿器科転職をしたいドクターにオススメ。
最短転職日数3日というスピード転職も実現可能。スピード感を求める泌尿器科転職ならココ。
■キャリアチェンジ転職の実績も高いため、泌尿器科への転科転職をしたい方にも有利。



医師転職ドットコム ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■総求人数が4万件を越え、業界トップクラス入りしたエージェント。泌尿器科の案件も多数。
■地道な転職実績の積み重ねにより、多くの医療機関との信頼関係を実現。稀少案件が多い。
■好待遇な泌尿器科のドクターの中でも、更に年収アップが実現出来る稀少なエージェント



エムスリーキャリア ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
現役ドクターが最も登録をしている実力派エージェント。泌尿器科のドクターの登録も多い。
■泌尿器科のドクターとしての転職成功率をあげるための情報コンテンツが充実している。
個人情報なども徹底管理されているから、余計な軋轢が出ず、泌尿器科の転職が実現出来る。



MCドクターズネット ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■スカウトメール機能など、現職の忙しい泌尿器科医師の転職に嬉しい機能が満載。
■泌尿器科医師の転職に優位になる業界情報も、独自の情報網から手に入れる事が出来る。
■募集事項に書いている以上に、キャリアパスの実現率などの詳しい情報を知ることが出来る。



JMC ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■近年評価が急上昇してきた転職エージェント。他では見られない泌尿器科の求人が見つかる。
■求人を紹介するだけでなく、泌尿器科医としての将来をしっかりと考えた転職先を紹介してくれる。
泌尿器科医が抱える悩みを全て解決。転職以外のことも、気軽に対処してくれるエージェント。



泌尿器科医の募集事情は?

転職を目指すドクターの中には泌尿器科という診療科にターゲットを絞っている方も多いのではないでしょうか。何気に需要が高い診療科が泌尿器科であり、特に近年では、性の解放といったものが進んでいる世の中ですから、様々なニーズがあるというのが現状です。実際に泌尿器科の求人はどのような状況になっているのかというと、以前と変わらずに一定数に見つけることができ、他の診療科と比べても遜色がなく、むしろ多めといった求人数を誇っている診療科になります。

ただし、募集をしている医療機関の種類やその絶対数というものが豊富であるからこそ、専門性が高い医療機関であったり、独自性を持っている医療機関。更には、ターゲットとしているような患者層などがあるといったカラーというものが違っていることになるのです。このそれぞれの医療機関が持っているカラーと、自身が求めているドクターの将来像とがリンクしていれば転職成功となるわけですが、それが違っていればミスマッチを感じる確率は高くなるのです。

他にも沢山に求人があるからこそ、それぞれに労働条件においての違いというものが生じてくることになるのです。年収の違いはもちろん、忙しさの違いや、やりがいといったものも違ってきますし、プライベートの時間の確保率といったものも違ってくることになるでしょう。求人数が多い場合、こういった悩みを抱えることになるわけですが、こういった場合に役立つのが、医師専門の転職サポートをしている転職エージェントになります。

泌尿器科の求人を実際に見てみると、待遇面では優遇されていることが多いという特徴を持っています。他の診療科のように救急で運ばれてきて、その対処をするといったことは滅多にないですし、時間的には余裕を持った勤務スタイルを取れる上に、年収面でもなかなかの待遇で迎えてくれることが多い診療科なのです。こういったことを知っているのかどうかはわかりませんが、転科をしてでも泌尿器科へと転職を目指すようなドクターが増加している傾向が見られているのです。

こういった事情がある中で、よりよい転職求人と巡り会いたいのであれば、やはり転職エージェントに登録をしてキャリアパスを生成してもらったり、必要なスキルや知識はどの程度なのか。他にもどういった勤務先を選択すべきなのかといったアドバイスをもらうのは一番といえるでしょう。医師の転職は売り手市場ではあるものの、やはりより良い転職をしたい場合には、情報量が物を言うものなのです。


Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.